推拿マッサージ・整体講座 大腿四頭筋の萎縮 島根県 大分県 三翠推拿整体スクール 現役療法士の指導で学ぶ


島根県:雲南校
   :出雲校
大分県:大分校
   :別府校
   :中津校
事務局:090-1874-0488

推拿マッサージ・整体講座 大腿四頭筋の萎縮


三翠推拿整体スクール主任講師による推拿マッサージ・整体講座です。
講師が実際に施術した方についての考察を紹介していきます。
第12回は大腿四頭筋の萎縮についての解説です。

YouTube Preview Image
はい、さて皆さんは【大腿四頭筋の委縮】という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

先日訪ねてこられた、やや高齢の男性の方なんですけれども、正座ができないということで相談に来られたんですね。

で、正座ができないということから、膝に痛みでもあるのか?と思って聞いてみますと、どうも足の筋肉が突っ張った状態で、膝がいわゆる折れないということらしいです。現実、正座をして見せていただくと、ほぼ両足に言えることなんですけれども、お尻と踵の間が、そうですね・・・15センチくらい開いたまま、閉じることができない。その時に、痛みがあるかと言うと、痛みは無い。で、ただ、筋肉が張った、突っ張ったような状態で、正座が出来なくなってしまったんだ。

で、いつ頃からかというと、一年ほど前からと言う事だったんですね・・・。

まぁ、太もも自身、大腿四頭筋ですから、太ももの前面の筋肉ですから、そこに皮膚の感覚以上があるとか、あるいは痺れがあるとか、それから膝、それから下腿部のほうにも、痺れ、そういった感覚以上があるかどうか・・・?

そういうことを確認してみますと、それはない!!

原因はなんなんだろう・・・?ということを考えてみますと、その方は農家です。

一部、畜産業やもってらっしゃるんですけれども、まぁ結果から言うと、これといった原因は見当たらない・・・。

いずれにしても、大腿筋の筋肉としての弾力性が失われて、伸びることができないということが明確にわかるということだけなんですね。

ですから、とりあえず筋肉の弾力性を戻そうということで、一ヶ月半に渡って、約7回の施術を行なったんですけれども、踵とお尻が付くようになった。若干、膝の裏にモノが挟まった感じがあるけれども、正座ができるということで、一旦施術、コンスタントな施術を終えて、一か月おきに診ようということになったんですけれども、まぁ今言いましたように、何故じゃあ、大腿四頭筋の委縮は起こるのか?

これは、男性の方に多い症例なんですけれども、まぁ大腿四頭筋の委縮というものはまれに見られるということで、その方もやはりそういった症状に悩まされていたということなんですね。神経系の異常というものを、やはり疑わなければならないんですけども、それが見当たらない場合というものは、やはり入念な推拿で、これは筋肉の弾力性というものを戻すことができます。

ですから、その辺の確認をおこたらないようにして、しっかりとした推拿で治していきたい症例のひとつだということが言えますね。

« | »

体験説明会(随時)

    卒業生の施術院(一部)

    心庵

    推拿 ことは

    推拿サロン プラスワン